もう若くはなかったと思った

この間、二回りほど年下の若者と一緒に仕事をする機会がありました。
それまでも年下と働く機会はたくさんあって、一回りの人たちとは仲良くやれていたので大丈夫だろうと考えていました。

ところが、一緒の作業をすると全然仕事の飲み込み方が違っていて驚きました。
経験の差がこれほど大きいのだなあ、と思うと同時に休憩時間に話をしてもあまりかみ合わない状態が続いて「ああ、自分はもう若くはないんだな」と思い知りました。

相手もきっと気を遣っていてそう思っていたに違いありません。

育った文化が全然違いますし、スマホアプリの使い方を教わったりもしました。
普段考えていることや、悩みのようなものも全然違ったりしていて毎日一緒だったら結構大変だなあと思いました。