テンションを上げるには美味しいもの

かつて、国と国との争いが激しかった時代に交渉をうまく運べたのは美味しい料理を出した方だという話を聞いたことがあります。
そう考えると、中華料理というのは品数といい味といいかなり美味しいのはそれだけ波乱万丈の歴史があったからなのかもしれません。
フランス料理もやはり美味しかったようで未だに給食はフルコースらしいですし、言葉のやわらかさも交渉をする上では有効だったのだと思います。

とにかく美味しいものを食べると理屈抜きでテンションが上がるものです。
全身の力が抜けたり、また明日も頑張るぞという前向きな気持ちにもなれます。

喧嘩をしたあとだったり、大切な話がある時には美味しいものを食べるのが一番かもしれません。