処分に困っているもの

大掃除をする時には、ほとんど時間をかけずに残すものと処分するものを選別できています。
最近では、思い出の品もかなり処分してしまいましたがそのほうがいいと個人的には思っています。
ものがなくなるというのは、気分的にすっきりすると同時になぜか前向きな気持ちにもなれます。

その中でも処分に困っているものがただ一つだけあります。
それが、かつて好きだったアーティストや映画のビデオテープです。

全部DVDに移しているので正直処分してもいいのですが、愛着があってなかなか捨てられないのです。

CDやDVDは買い取ってくれる会社が多いのですが、ビデオテープは時代遅れなのか限られたところになります。
そこで安く売ってしまうよりは持っておこう、という気持ちの方が強いのです。